Hairにグラデーションをかける(Blender Cycles)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Hairグラデ

ノードエディタでマテリアルの設定をヘアーの根元から先端にかけてグラデーションに設定します。

Cyclesでは、ノードでマテリアルを設定するのが一般的みたいです。

次のようにノードを設定すればOKw

01

上図を分解してグラデーションをかけている部分だけにすると、次のようになります。

02

ディフェーズBSDF(カラーを設定するノード)をマテリアル出力につなぐ。

ヘアー情報の距離とカラーランプを繋いで、ヘアーの長さに応じてカラーが変化するようにしています。

カラーランプとディフェーズBSDFをつないで、カラーランプの色情報をわたしています。

※カラーランプとマテリアル出力を直接つないでも色情報を渡すことはできません。

光沢のある質感にする

ヘアーBSDFを追加。設定を反射にします。

ヘアーBSDFは、手軽にヘアーをいい感じにしてくれるノードです。反射は、テカりのある感じ。設定を透過にすることで透明感のある質感にすることができます。

グラデーションカラーとヘアーBSDFを合成するため、加算シェイダーをつかって合成しています。加算とは、光を合成する場合に多用される計算法です。フォトショップでいうところの覆い焼き(リニア)です。
重ねれば重ねるだけ明るくなるのが特徴です。

ヘアーBSDFのカラー情報をグラデーションと合わせるため、カラーランプと繋いでいます。

03

透明感をプラスする

ヘアーに光沢をプラスしたので、透き通るような透明感もつけます。

ヘアーBSDFを新たに追加して、設定を透過にします。

ミックスシェーダーを新規追加して、ディーフェーズBSDFと加算シェーダーの間に配置。

ミックスシェーダーを使ってグラデーションと透明感を合成しています。

ミックスシェーダーは、シェーダ構造を階層化する際に利用されます。

ミックスシェーダーの係数を調整することで、合成具合を調整することができます。

04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*