nomalmap

ノーマルマップを使うことで平面的な画像テクスチャにデコボコとした立体感をつけることができます。

BlenderのCyclesでのテクスチャの設定についての内容です。

今回撮影したセッティングは以下のような感じです。
円を配置して、円にたいして石畳のテクスチャとノーマルマッピングを設定。その上に球を2つ配置してマテリアルをグラスBSDFを設定。それらの上部に面を配置して発光させて光源にしています。

ノーマルマップ

テクスチャをマッピングする。

オブジェクトを選択して、エディットモードにします。

Uキーを押してUVマッピングのメニューを表示して、展開を選択します。

展開

UV展開を行ったら、マテリアルを設定してサーフェスのカラーの設定項目を画像テクスチャに変更します。

マッピングする画像ファイルを指定してオブジェクトに適応させます。

マッピング

ノーマルマップを設定する。

ノードの設定でノーマルマップを設定します。

画像テクスチャ、ディフューズBSDF、マテリアル出力が並んだ状態になっています。

新規に画像テクスチャを追加して、ノーマルマップ用の画像テクスチャを読み込みます。

ノーマルマップ用の画像テクスチャのカラーを、マテリアル出力のディスプレイスメントにつなぐことでデコボコとした質感を表現できます。

画像テクスチャとマテリアル出力の間にノーマルマップを入れることで、デコボコの加減を調節することができるようになります。

ノーマルマップ2