UV展開を行うための覚書

展開する際にシームをつける

シームをつけることで展開した際に境界線を設けることができます。

  1. エディットモードにする。
  2. 選択のモードを頂点から辺に変更する。
  3. シームをつけたい辺を選択したらCtrl + E
  4. 表示されるメニューの中からシームを付けるを選択します。
  5. 一度つけたシームをクリアしたい場合は、同メニューのシームのクリアを選択する。

シームをつける

 

UV展開

  1. エディットモードにします。
  2. 展開する部分を選択してキーボードのUキーを押します。
  3. 表示されたメニューから展開を選択し、メッシュを展開します。
  4. UV画像エディターに展開されたメッシュが表示されます。メッシュの選択状態に合わせてUV画像エディター上の表示が同期されます。

展開

UV配置をエクスポート

展開したUVの形をエクスポートしてマッピング用のテクスチャを作成する際の下絵にすることができます。

  1. UV画像エディターの画面のUVのメニューを表示。
  2. メニュー中のUV配置をエクスポートを選択。
  3. ファイルの保存画面になるので任意の場所に保存。
  4. エクスポートされたメッシュのレイアウト画像をフォトショップなどで開いて利用します。

テクスチャをマテリアルに設定

  1. オブジェクトにマテリアルを設定して、画像テクスチャに設定します。ノードで設定したほうがわかりやすいです。
  2. UVの形をエクスポートしたものを下絵にテクスチャを作成すればマッピングした際にキッチリと貼れます。
  3. UV画像エディタ上で、メッシュの頂点を動かして調整を行うこともできます。エディタで画像を開くとメッシュの背景に画像を表示することもできます。

展開2